読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲコ沼出張所

スマブラforでゲッコウガ使ってます

カスタマイズ技について1

▼概要
 フレ戦でたまに装備無しのカスタマイズ技のみありの対戦をする事があるので、各キャラのカスタマイズ技の中で、筆者が気になる物を挙げていこうと思う。単純に性能が高いものから、小ネタがあるものまでピックアップしていきたい。
 使い手の視点から見たらどういう評価になるのかはわからないが、あくまで参考程度に留めて頂けるとありがたい。
 そして今回のテーマは全キャラ分この記事に書くのは文量がかなり多くなってしまう為、何回かに分けて記事を投稿する予定。シリーズ物の第1弾をAdventCalendarの場をお借りして投稿させて頂く事にした。

 

●マリオ
・爆発パンチ
 復帰力を犠牲にしてバカみたいな火力を叩き出す。ちなみに発生も2F程遅くなっている模様。
 シフトが効かなくなる、空中制動が落ちる等の欠点が痛いが、それを補って余りある程の威力がある。空上運びの後の〆に使ったりするのも良さげ。何よりヒットストップが気持ち良すぎるので、性能を度外視しても一度使う事をおすすめする。
・高速ファイアボール
 通常のファイアボールよりも高速で後隙も短いが、威力が低め。発射後はマリオから遠くなればなるほど威力が減衰する。
 メリットとしては、ダウン連に対応しているところと単純に直線状に高速で飛ぶので横軸での牽制として機能しやすいところだろうか。
・衝撃のマント
 マントの反射機能が無くなった代わりに、マントを当てた時の威力が大幅に上がった。普通にバーストも可能で、反転必殺技(空ダ)にも対応している為トリッキーな使い方も出来る。
・風のマント
 反射機能はそのままに、更に風圧による復帰阻止を可能にしたマント。代償として発生と全体Fが数F増えているが、使い勝手はそこまで悪くはない。横軸への移動距離も伸びるので復帰面も僅かだが向上する。

ルイージ
・アイスボール
 ファイアボールの代わりに氷で出来たアイスボールを発射する。ヒットすると相手を凍らせる性質がある。通常の物と比べて発生速度は遅く、弾速も遅い。
 速度的な要素が犠牲になっているが、発射後もしばらく残り続ける性質がある事と、2発までは同時に出せるという利点もある為、相手の行動制限を行う目的の設置技感覚で使うと良い。ガードを強制させてからの読み合い等も取りやすく、万が一ガード出来なくて凍ってしまった場合はそのまま追撃が入りやすい。
・ふっとびマッハサイクロン
 最初の回転中は攻撃判定が無く、弱い風を発生させてから最後に両手を開くモーションを取る技。
 上昇距離もそこそこあるので復帰に向いているように見える技だが、この技の真価は最終段の両手を開くモーションの攻撃判定と持続と吹っ飛ばし力にある。攻撃判定はルイージの周囲に広がっており見た目よりも広く、持続は19F(判定を出しながら上昇する)、吹っ飛ばし力は一度試してもらうとわかるが頭おかしいくらいの威力である。特に崖外への復帰阻止に使うと早期バーストが狙える。かなりピーキーな性能だが、最終段を当てた時の爽快感は凄まじいので是非。

●ピーチ
・ふわふわ野菜ひっこ抜き
 通常の野菜ひっこ抜きと異なり、投げた時の威力が低くアイテムも引っこ抜き不可。しかし、投げた時の軌道がゆっくり過ぎる事でかえって設置技のように使えるルイージのアイスボールと同じく、2つまでならば余裕でその場に出す事が可能
 どれくらいゆっくり飛んでいくかと言うと、投げてから普通にピーチが走行して追いついて相手の反対側に回り込める余裕があるくらいにはゆっくり。使い手次第ではそこそこ悪い事が出来そうな予感がする。
・飛び立つピーチボンバー
 斜め上に飛翔して相手に攻撃する飛び立つ炎のヒップアタック。発生は通常のピーチボンバーよりも速めで威力も高い。ピストンからの追撃も可能で、画面端ならばバーストも狙える模様。後隙が長く、外した時のリスクも相応にあるので使いどころを間違えないようにしたい。
キノピオスリープ
 カウンターだが胞子での攻撃の代わりに相手を眠らせる攻撃を行う。受付時間が短く、攻撃判定も前のみだが、眠らせる時間が長めなので一発逆転狙いたいならばどうぞ。

クッパ
・ダッシュクロー
 超高性能。クッパにこれを搭載するだけで機動力・火力・復帰力が大幅に向上する。横Bの掴みが無くなった代わりに爪で切り裂く攻撃を行う。技自体の吹っ飛ばし力や威力は平凡なのだが、この技の真価は空中版にある。
 空中版は横への長距離移動・ヒットさせた後の着地隙ほぼ無し・追撃が簡単というぶっ壊れ仕様に加え、着地後にしゃがみ後退入力をちょい押しすると物凄い勢いで後退するというバグが存在する。ディディーの横B匍匐絶と原理はほぼ同じだが、巨体のクッパがこれを行うのは見た目のインパクトも去ることながら大幅な強化と言えよう。
 カスタマイズ技あり対戦をガチで行うならば、クッパはこの技が標準搭載で良いと言っても過言ではない。
・ダッシュダイビングプレス
 ダッシュクローの陰に隠れがちだが、十分こちらも強い。移動投げで空中でも相手を掴めるという利点だけでもかなりの優位点。ダッシュクローで出来た匍匐絶は出来ないものの、移動距離はそこそこあるので選択肢に入りそう。
・スリップドロップ
 通常のドロップと違い、垂直に勢い良く飛び上がってからそのまま勢い良く落下する。飛び上がり時に攻撃判定はないが、着地時の衝撃波に転倒判定が付いている為初見殺し出来なくもない。ガードしたら9割方削られて割れる事が大半なので、できれば避けたい。
・風圧ドロップ
 着地に風圧付き。この風圧がそこそこ範囲が広く、復帰に被せるとルートを狂わせる事も出来るので面白い。

ヨッシー
・舌アタック
 なんと相手を飲み込まずに舌を突き出して攻撃する。見た目は大した事無さそうだが、当たると結構飛ぶので侮れない。バーストも可能、勿論必殺技なので反転(空ダ)に対応している。ヨッシーの挙動とも相俟ってトリッキーな動きが出来るが、たまごうみを捨ててまでこちらを採用するかはお好みで。
・ふっとびたまご
 通常のたまご産みと異なり相手を卵に閉じ込めた後にはすぐ卵が割れてしまうが、閉じ込めた直後に相手をヨッシーの背後に物凄い勢いで放出する為、結果的に崖を背にした状態で相手を喰らうと復帰弱者はそのまま落ちていく。ちなみにすま村の台上で、台が画面端に行った状態で崖外に向かって使うと相手はそのままバーストラインに直行する為即死しかねない。ワンチャンス狙いにどうぞ。
・ハイジャンプ
 卵投げのモーションで卵を投げずにジャンプが三回まで追加入力できる技。卵投げが出来なくなる事が最大のネックだが、復帰力がめちゃくちゃ上がるので多少無理矢理な追撃に行っても戻れるのがでかい。
 ちなみにすま村のステージ下を通常のジャンプ込みで余裕でくぐって反対側の崖を掴める

ロゼッタ&チコ
・チコワープ
 今作屈指のぶっ壊れカスタマイズ技。その実態はチコを特定の位置に瞬間移動させ、しかもその出現時に攻撃判定あり、上スマ等の追撃が確定するという訳の分からない性能である。各種技からも繋げられる上にこの技自体が強力な始動技でもあり、なおかつチコがいきなり現れる為に非常に対処しにくい。
 出現位置は固定である為、チコワープ出現の攻撃判定に当たらない間合い調整をするのが一番良いと思われるが、崖外への追撃等でチコを設置する動作が一瞬で行えるという強みもあり、ぶっちゃけ言って完全に対処するのは不可能に近い。
 チコを倒そうにもすぐにロゼッタの手元からワープさせられる為、非常にやりづらい事この上無いだろう。カスタマイズ技の楽しさを知る為の入門キャラとして最適である。
・剛速スターピース
 超高速でスターピースを直線状に放つ。長射程の上に威力も5%と及第点。チコワープとの組み合わせが極悪で、相手の背後にチコをワープさせてから使ったりといったような悪さも出来る。何より長射程のおかげで比較的容易に待てるのも強みであり、先述のチコワープとのシナジーも高い。何より相手側の飛び道具をチコが盾になってくれる為、待ち合いになった場合でも勝ててしまうのが恐ろしいところ。
・漂うスターピース
 でかいスターピースをチコが発射。射程はかなり下がるものの、判定の持続がかなり長い為崖際に設置する事で相手の崖上がりの択をかなり潰せるのと、地上においてもヒット確認から追撃を加えたり等使い道はある。剛速スターピースと比べると汎用性は落ちるが、それでも侮れない技だろう。

クッパJr.
・ビッグメカクッパ
 巨大なメカクッパを設置する。個人的にクッパJr.のカスタマイズ技の中では最も凶悪な技。設置して歩かせるぶんには通常よりも鈍足で使い勝手がそこまで良くないが、この技の恐ろしいところはアイテムとして利用した時にある。
 まずメカクッパ自体が鈍足であるが故に設置して即ボタンを押せば拾えるというところと、投げつけた時の威力が16%とかいう飛び道具としては破格の威力であるというところ。そしてメカクッパは地面に向かって投げつけたとしても、自分は爆風で被弾する事が無く、加えて爆風の攻撃範囲もかなり広いという破格の性能になっている。メカクッパを保持した状態でガードを張って突撃する事も可能。
 Xのスネークの手榴弾の使い道と少し似ているかも。
・ドリフトカート
 スピンターン中にとんでもない勢いでスピンしていく技。空中でスピンターンしても同様に攻撃判定を出しながら回転していく。場を荒らす事に特化しているように見えるが、実際はカート中のジャンプ力が下がったりしている為、縦方向への復帰力が下がるので一長一短。

ワリオ
・吸引かみつき
 その名の通り、相手を吸引した後に噛みつきを行う技。カービィのように吸い込み判定が出て、その後ワリオの目の前で噛みつきに移行する。噛みつき時に連打をしても、オリジナルよりは噛みつき回数が増えないのがネック。崖際で使うのもありか?
・急加速バイ
 バイクの耐久性を下げた代わりに、超高速で突っ込む。途中で飛び降りて飛び道具のような使い方も出来るのがポイント。なによりロゼッタでチコを剥がすのが楽になるのがでかいバイクの耐久力が下がった事で、バイク投棄→分解→食べるの工程のサイクルも速い為、屁の回転率も多少上がるところも良い

●Mr.ゲーム&ウォッチ
・ヘビートランポリン
 高威力の体当たりをかますトランポリン技。上方向への上昇減少と角度調整の融通が効かなくなる事がデメリットではあるが、体当たり自体が16%だったり、序盤は下投げから入りやすいどころか、体当たりヒット後にジャッジが入ってしまったりとやりたい放題な性能だったりする。発生自体も通常の上Bより速く、5~13Fに無敵判定が付いている事もこの技が強いとされている所以の一つ。ガーキャンから使うのも強そう。
・1・9ジャッジ
 その名の通りジャッジの数字が1か9しか出なくなる。確率的に9が出る割合は20%であり、威力もダウンしているが、それでも威力は折り紙つきであり、ついでに発生も速くなった事で各種行動から繋がりやすくなった為、一転攻勢を狙う際に博打で使える。上で述べたヘビートランポリンとの相性が非常に良く、下投げヘビートランポリンからこの技が繋がる%帯がある為、ワンチャンス狙いで使うのもありだろう。

ドンキーコング
・バキュームサイクロン
 スマブラforにおける最強クラスのカスタマイズ技の一角。その性能は発動時相手風判定で相手巻き込み、スーパーアーマー、低空着地で着地隙ゼロ、高威力でバースト可能というスマブラXメタナイトのマッハトルネイドを想起させかねない超性能。ドンキーがカスタマイズ技あり環境の中で上位に食い込むのはこれが理由。
 戦場はすり抜け台がある関係で着地隙無しでの着地がやり易い為ゴリラ旋風となり、敵を蹂躙する。過去の公式大会においてもぶっちぎりの使用率を誇り、その圧倒的な力でお茶の間を凍りつかせた。目に見えて明らかに強力な技である為とても使いやすい。カスタマイズ技あり対戦入門にどうぞ。
ジャイアントストーム
 パンチと同時に横方向に竜巻を発生させる技。バキュームサイクロンといいこの技といいこいつはもはや風使いである。
 竜巻での吹っ飛ばしはかなり強力で、ダメージが溜まっている相手ほど飛びやすくなる。端から押し出すように放てば、そのまま撃墜させてしまうことも出来る。風圧でそのままバーストラインまで押し込んでしまう見た目がやばい。空中使用後は落下になってしまうので要注意。
・ピンポイントスラップ
 ハンドスラップと異なり範囲がかなり狭いが、その分威力特化。撃墜も狙える。
・ファイアスラップ
 ピンポイントスラップとは選択。こちらは火柱を出して上方向へも判定が出る為崖周りで役立ちそう。双方ともそれなりに使える場面がある為どちらを選ぶかは好みで。

ディディーコング
・ヘビージェット
 ディディーのカスタマイズ技筆頭。方向の制御等といった復帰力を犠牲にして、単純に威力を激増させた最終兵器。出始めが一番強力ではあるが少々出が遅くて使いにくい…と思いきや、そもそもディディーにはバナナがある為、相手を転ばせた後から余裕で追撃に行ける事もあり出の遅さを完全に補っている。空中で当てても威力が減衰しない事もあり、出の遅さを逆手に取って回避狩りで早期バーストも狙える。一度使ってみればその強さがわかるはず。
・バックフリップ
 モンキーフリップの掴み部分が出せない代わりに超強力なキックをバック宙から御見舞いする技。バック宙の最中に追加入力を行うとキックへ移行する。キック自体の撃墜力はかなり高いが、前動作がわかりやすい為使いどころが少々難しい。ちなみにキックは崖端でエッジキャンセル可能。キック自体の判定で、弱い飛び道具ならばそのまま掻き消して攻撃出来るのが強み。

 

残りのキャラは第2弾以降で紹介する。

 

▼Topics>カスタマイズ技の効率の良い集め方について(WiiU版)
 ここまでカスタマイズ技の紹介をしてきたが、カスタマイズ技を集めるのがそもそもダルいという方が大半であろう(私も同様)。
 そこで比較的簡単にカスタマイズ技を収集しやすいネタがあるのでここでそれを紹介させて頂く事にする。
 

 カスタマイズ技Discordの管理人でもあるあこさんが作成したカスタマイズ技の効率の良い収集の仕方。
 トレモで任意のキャラを選択→フィギュアラッシュをやると何故かカスタマイズ技のパネルが入手しやすくなるバグを利用している。3DSではシンプルのルーレットをHOMEボタンで止めながら目押しする方法が一番効率が良いが、WiiUのシンプルは周回効率が悪い為、こちらの方法が最も手っ取り早いと言える。


▼あとがき
 カスタマイズ技はデフォルトの必殺技と異なった性能を持つ技が大半であり、玉石混交であるとはいえその中にはかなり強力な性能を持ったものも数多くある。集める手間は確かにあるかもしれないが、上記のようなテクニック(バグ)もある為、興味がある方は是非カスタマイズ技沼にどっぷり浸かってはいかがだろうか。
 取り上げたネタ的にかなりの長い記事になってしまったが、残りのキャラクター達のカスタマイズ技の考察も続けて記していきたい思う。